生活&家計 改善

【年賀状をラクに!】おたより本舗は超便利!デザインに悩む時間から開放された!

アイキャッチ 年賀状

私はもう5年以上、「おたより本舗」にて年賀状を注文しています。

まだまだ自宅で印刷される方も多いとは思いますが、

  • 毎年、年賀状のデザインを考えるのは大変!
  • 年賀状を印刷しようと思ったけど、インクが足りない!

と思ったことはありませんか?

私も以前は自分でデザインを考え、自宅のプリンターで印刷していたのですが、結構デザインを考えるのって時間がかかりますよね。

デザインを参考にしようと何気なくネットで「年賀状」と入力したところ、思った以上にデザイン豊富で簡単に注文ができるお店を発見。

それが、「おたより本舗」でした。

これまで5年以上利用してみた感想や、手作り年賀状に戻らない理由も含めて、私の実体験をご紹介します。

※送料も宛名印刷も無料!年賀状デザインを考える時間を自分の時間に変更できます
自分で年賀状のデザインを毎年考えるのは、結構時間もかかり大変ですよね。おたより本舗なら、少ない枚数でも送料無料で、早期予約なら40%以上の割引になります。自分の時間を何時間も使い、インクも年賀状用にだけ購入して「結構お金がかっているかも」と感じているのであれば、試しに一度利用してみるのも良いかと思います。
>>「送料無料!」ネットでラクラク注文できる年賀状印刷のおたより本舗

年賀状を自分でデザインし、印刷していたけど…

家族写真を年賀状に取り入れて、少し文章を入れて終わり!

という感じで、簡単に年賀状作成をしている人も多いですが、我が家は写真を入れることに抵抗があったため、毎年写真のない年賀状を作っていました。

その為、毎年11月頃になると

あ~、もう年末!また年賀状のデザインを考えないと…。

と段々ストレスになってきました。

また、年賀状を印刷しようと思った時に、

「マゼンダがまもなくインク切れです。」

とプリンターに表示が!

え~っ!?このタイミングでインク切れ?1色だけ買うためにお店に行くのも面倒くさい…。ネットで買うにも送料がかかって高いし、4色セット買ってもそんなに使わないし…

まぁ、要するに年賀状を考えるのが面倒になってしまったのです。

デザインを考えるのも素人ですからプロのように次々と素敵なものが思い浮かぶはずもなく、時間だけが過ぎていく状態になった年がありました。

そんな時に、ネットで年賀状デザインの参考になるサイトはないかと調べたところ、とても素敵なデザインの年賀状を作成している会社を発見!

それが、昨年も注文をした年賀状印刷のおたより本舗でした。

実際に「おたより本舗」を5年以上利用してみて

デザインのプロでもない自分が、毎年年賀状のデザインを考えるのに結構時間を取られるので「時間がもったいない!」と思うようになってしまった私…。

LINEなどで年始の挨拶をするようになった友人も多く、年賀状を出す枚数も年々減少。

今では、毎年10枚前後になりました。

郵便局やコンビニ、スーパーなどにもデザイン画が印刷されて5枚で年賀ハガキ代金分のみで販売もしていますが、

  • 中の文章を変更できない
  • 自分の住所名前をイラスト面に入れたいので、宛名と合わせて両面に印刷する必要があり、手間が増える
  • あまり好みのデザインがない

以上3点の理由から、購入しませんでした。

その年からは、好みの年賀状デザインがあったことと、年賀状作成に費やしていた時間を短縮するため、「おたより本舗」へ注文をして「時間を買う」という選択をしました。

初めて注文をする時は

梱包はちゃんとしてるのかな?
本当にパソコンに表示されてるようなきれいなデザインなのかな?
実際の色はどうなのかな?
それ程枚数を頼まないけど、価格はどうなのかな?

など、心配な部分も多々ありましたが、一度注文をしてみないことには実際のところどうなのかはわからないので、思い切って注文をしてみました。

結果は、注文をして大正解でした!

  • 梱包もきちんとしている
  • デザインもパソコンの表示通り
  • デザインの種類が約1,100種もある
  • 色もとても綺麗
  • 価格もWEB割引があってお得

以下で写真を載せながら具体的にご紹介しますね。

昨年届いた年賀状の状態と実際の価格は?

デザインは約1,100種類以上あり、好みのものを探す時も「定番デザイン」「かわいいデザイン」「結婚報告や出産報告用」など選びやすいようにカテゴリー分けがされているので、とても探しやすかったです。

2021年度版年賀状デザインは、なんと1200種類以上に増えています!詳細はこちら年賀状印刷のおたより本舗

また、気に入ったデザインをとりあえず♡マークをクリックして「お気に入り」に追加していき、最後にお気に入りの中から選ぶことができるので、とても便利!

私は注文枚数が少ないのですが、少ない枚数でも気兼ねなく利用できる点も魅力の1つ。

昨年は年賀状の枚数が最小枚数になり、12枚の注文となりました。

実際に届いた梱包の状態は写真の通り「プチプチ」が中に付いている封筒でクロネコヤマトのネコポスでポストに投函されました。⇩⇩⇩

中を開けてみると、写真の通りビニールの袋にキレイに入っていました。(ぼやけている部分は、個人情報が載っていた部分なので加工してあります)⇩⇩⇩

ビニールの袋から出すと、一番下に配達時の折れ防止の為だと思いますが、厚紙が2枚入っていました。心配りが嬉しい!⇩⇩⇩

色はパソコンの画面の明るさで多少変わるとは思いますが、私はパソコンの画面通りの色に仕上がってきたので大満足!

「文章」と「書体」は変更可能で、私は柔らかい印象になる「太丸ゴシック体」を選択。

表面は、写真の通り、普通のお年玉付き年賀状です。⇩⇩⇩

宛名印刷サービスもあるので、枚数が多い場合はExcelファイルで住所録を一括登録でき、しかも無料で宛名印刷をしてもらえるそうです。

昨年届いたパンフレットに説明が載っていました。(今年届いたパンフレットやホームページにも宛名印刷無料と載っています。昨年の下記パンフレットのほうが詳細が載っているので画像は昨年のものです)⇩⇩⇩

宛名印刷について簡単に説明をすると

  • 1)マイページに住所録を登録する
    登録方法が2種類あり、
    ①マイページで住所録を直接登録する方法
    ②Excelファイルで住所録を一括登録する方法
    どちらでも操作しやすい方を選択すればいいと思います。
  • 2)印刷内容をプレビューで確認
    この時に現時点では書体が「楷書体・丸ゴシック体・ゴシック体・明朝体」の4種類あるので、お好みで選択。

住所録を一度登録すれば、翌年以降も利用でき、住所変更や追加も可能。

私も枚数が多ければ無料なので利用しようと思いましたが、枚数が少ないのと好みの書体が自分のパソコンに入っているので、毎年自分で印刷しています。

具体的に、年賀状印刷にかかった費用はこちらです。

  • 注文枚数 12枚
  • 印刷料金 3,900円(デザインと枚数によって変わります)
  • 割引 -2,301円(早期予約40%+プラチナ会員19%=59%割引)
  • 消費税 159円
  • 年賀はがき (5円還元で)58円✕12枚=696円
  • 送料 0円
  • 合計金額 2,454円

年賀ハガキだけの購入よりも、2,454円-696円で1,758円高いじゃない!と感じる方もいるかもしれませんが、「デザインに悩む時間」「インクを買う費用」「自宅のプリンターで印刷する時間」などを考慮すると、とてもお値打ち価格だと思います。

また、年賀状を毎年リピート注文していくと、少しづつ割引率が上がっていき、6年目になると

  • 早期割引 40%off
  • 会員グレード割引 20%off

が適用になり、とてもお得に!下記が今年届いたパンフレットページです。⇩⇩⇩

年賀状 お得情報2021

これまで年賀状作成に費やしていた時間を他の用事をする時間に変えることが出来るので、私にとってはとても有効なお金の使い方になり、毎年「おたより本舗」で年賀状印刷はお世話になっています。

主婦にとって、「時間をお金で買う」という選択は、年末の忙しい時間を有効に使うためだけでなく、お金の使い方としても有効な使い方ではないでしょうか。

また、おたより本舗で年賀状を注文する理由として、もう1つ魅力的なことがあります。

それは、アンケートに答えると「プレゼントキャンペーン」に応募できるということです。(今年もキャンペーン実施)

昨年届いた年賀状の中に入っていたキャンペーンチラシがこちらです。⇩⇩⇩

普通にコンビニなどで年賀ハガキを購入しても、何もキャンペーンはないですよね。

おたより本舗であれば、私のように少ない枚数の注文でも応募することができ、当たる当たらないは関係なく楽しみが1つ増えるので、私にとってはこのキャンペーン企画もおたより本舗を利用し続けている魅力の1つとなっています。

まとめ:年賀状は「おたより本舗」に注文して、「時間を買う」のも有効

毎年の年賀状作りに悩んでいる方、私のように「おたより本舗」を一度利用してみると、その便利さから、毎年利用したくなるかも…。

実際に5年間利用してみて、今の所不満に思った年は一度もありません。

デザインにとてもこだわりがあり、自分で作成することが苦ではない方はそのまま手作り年賀状を継続された方が満足のいくものが出来上がるかと思います。

時間を有効利用したいと考えている方にとっては、年賀状作成に費やしていた時間とインク代等を、「時間を買う」という意味でおたより本舗を利用してみるのも有効手段ではないでしょうか。

この記事を読んで、忙しい年末の時間が少しでもラクになる方が増えれば幸いです。

error: Content is protected !!