注文住宅

洗面所に壁面収納棚!家族一人ひとりの物の管理・片付けをラクにした方法!

アイキャッチ 洗面所棚

洗面所という場所は、小さいにもかかわらず家族全員の小物などが色々と置いてあり雑然としがちですよね。

  • 一人ひとりが自分で片付けができる収納場所が欲しい!
  • 出し入れのしやすい棚を置きたい!

特に家族が増えると物が増えるので、個人の置き場を決めてそれぞれが自分のものは自分で管理するスタイルにしないと、散らかった洗面所にイライラし、お母さんの雑用が無限に増えていくことになります。

我が家は注文住宅だったので、始めに

洗面所が散らからないように壁面収納をつける!

という発想が思いつけばよかったのですが、全く気が付かず…(泣)

タオルやドライヤーなど入浴時に必要なものなどを置く場所が必要になり、自分で棚を購入して使っていたのですが、これまで長年使っていた棚が使い辛く、傷んできたこともあり買い替えることに。

我が家にとって

  • どんな棚であれば使い勝手がいいのか
  • 家族全員の物を片付けやすい状態に出来る棚数は?
  • 狭い洗面所でも圧迫感なく使いやすい大きさの棚は?

など実際に私がどのような基準で棚選びをし、どのような棚にしたのかを具体的にご紹介していきます。

\「無料」でリフォーム一括見積り!/

洗面所に作りたい壁面収納への希望4つ!

洗面所は、家族全員の色々な衣類などが集まる場所ですよね。

家を建てた時に作り付けの棚はありましたが、洗面台と洗濯機の上に付いていたため、ギリギリ1段目に手が届く状態で、とても使いにくくあまり利用していませんでした。

注文住宅だったので、

  • バスタオル
  • タオル
  • 着替え
  • ドライヤー
  • 化粧品など

家族全員の物を置くための薄型の棚を壁面に作ってもらえばよかったのですが、残念ながら当時は全く思いつかず。

初めの頃は洗面所が狭くなると困るので小さめの家具を置いていたのですが、結局は収納場所が足りずにもう一つ小さい家具を置いていました。

洗面所は湿気の多い場所なので、徐々にその家具も傷んできたことと、収納量も足りなかったので、買い替えを検討。

次の収納は、作り付けのような片付けやすい棚にしたいと思い、自分なりの希望を書き出してみました。

1)手が届く高さまでの棚にしたい

天井までビッシリ収納棚だと使いづらいので

一番上の棚の位置はギリギリ手が届く状態ではなく、簡単に届く高さまでにしたい

と考えました。

そうなると身長が約160cmの私の場合、

  • 一番上の棚の高さは目線より少し上の位置で175センチ位まで

がちょうどよい高さとわかりました。

2)壁面収納のようにして各自で物の管理ができる状態にしたい

洗面所収納の一番の目的は

  • 家族3人がそれぞれ自分の収納場所を持つ
  • 自分の持ち物は自分で管理・片付けをし、母親が家族全員の物を管理しなくてもいい状態にする

各自が管理・片付けをすることはあたり前のことだとは思いますが、お恥ずかしいことに、我が家は私が世話を焼きすぎてしまい、色々な物の管理・片付けを行ってきたため、自分で自分を忙しくしていました。

それに気がついたのは知り合いとの何気ない雑談からです。知り合いに家族の洗濯物をどこまで母親が片付けているのか聞いてみると、

友人A
友人A
洗濯物は取り込むまではやるけど、あとは各自で畳んでいるよ。

というご家庭もあれば、

友人B
友人B
畳むまではやるけど、あとは各自で自分の収納場所に片付けるよ。

というご家庭もあり、私が収納場所に片付けるところまで行っていると話したところ

友人A
友人A
仕事もしているのだから、そこまで家族のことをする必要はない。もっと各自でやるべきよ。

と言われとても驚いたことを覚えています。

私も40代後半になり、体がだるくて思うように動けない日もあるので、50歳になる前に生活をラクにしていきたいという気持ちが強くなり、各自の持ち物は各自で管理・片付けをするスタイルに少しずつ変更しようと、まずは洗面所から開始!

3)棚板を好きな位置に自由に変更したい

入れるものによって仕切り用の棚板が上下に自由に動かせる収納棚を希望。
具体的な棚のイメージは、

  • 収納したい物の高さが高くなった時には、仕切り板を取り外して2つにしていた棚を1つの棚に変更
  • 広く利用していた棚を上下2つ3つに分けたい時には、追加で仕切り用の棚板を購入して仕切りを増やす

この2点が可能な収納棚を希望。

記事内 洗面所 高さがあるもの収納時P W480 HP入り 記事内 洗面所 小さな物収納時P W480 HP入り

棚板が自由に動かせると、置くものの高さが変わった時に変更できるので、便利ですよね!

4)置き場所は洗面所が窮屈にならないサイズにしたい

棚は洗面台の反対側の壁に置くので、洗面台の扉を開けて出し入れする際にも後ろが窮屈にならない程度の奥行きにしようと思い、実際に扉を開けて物を取り出す格好をして、棚がぶつからない位置を確認。

記事内 洗面所 配置図P W480 HP入り

そうすると、奥行きは棚を置きたい側の壁から35cm位まで。

また、幅は洗面所の出入口ギリギリまでにすると出入りの際に体や足の指をぶつける可能性があるため、少し控えめにして出入りする際に邪魔にならない位置を確認。

となると幅は85cmまでであれば、ちょうどよい感じです。

洗面所の壁面収納に置きたい物の確認!

洗面所の壁面収納棚として、設置可能な場所とおおよそのサイズは決まったので、次は置きたいものを書き出し、「どのくらい棚の数が必要になるか」を確認してみました。

1)家族3人がその棚に置きたい物は何か確認

家族3人が洗面所の棚に置きたい物を再確認。

  • まずは共通で利用するもの「ドライヤー」「タオル」「体重計」
  • 各自が必要なもの「バスタオル」「お風呂上がりに着るパジャマや肌着類」「化粧品」

始めは、洗面所は湿気が多いのでパジャマや肌着を置くのは良くないのではないかと思いましたが、

  • 換気扇やサーキュレーターがあるため、お風呂上がりの湿気を早めに外へ出すことができる
  • その季節に着るものだけ置く
  • 長くても2日程で保管場所から取り出して着用し洗濯をする

状態なので、問題ないと判断。

また、私は洗濯物を1階で畳むので、

  • わざわざ2階の各自の部屋へ片付けに行き
  • お風呂に入る時に持っておりる

というのは、あまりにも効率が悪く、各自の持ち物は各自で片付けや整理整頓ができるようにしたいとも思ったので、洗面所に季節の肌着類を置くことにしました。

2)置きたい物を入れるには棚が何段必要になりそうか確認

洗面所の壁面収納棚に必要になると思われる引き出しの数や置き場を考えてみました。

  • バスタオル・パジャマ置き場✕3人分
  • 脱いだ服の一時置き場✕3人分
  • 引き出しタイプ:肌着入れ✕3人分
  • 引き出しタイプ:小物置き場✕3人分
  • タオル入れ
  • ドライヤー入れ
  • BOXティッシュ置き場
  • 体重計は一番下で床との段差がない状態で保管
  • 普段は物が置いてない状態で、入浴時にメガネやポケットに入れたままのものを一時的における場所

ここまで来て私の頭の中の棚イメージはこんな感じです。

記事内 洗面所 壁面収納イメージP W480 HP入り
  • みんなが使うドライヤーやフェイスタオルは左側上段
  • 入浴時に一時的に小物を置ける場所が左側の2段目
  • 洗濯後のきれいな肌着類は左側
  • 洗濯後のきれいなパジャマ等の置き場を右側の上段
  • 入浴時に脱いだもので、まだ翌日着るものなどの一時的な置き場所は右側の下段(銭湯のカゴと同じ役割)
  • 体重計置き場を左の一番下にし、床に直接置ける状態にする

設置可能場所と置きたいものなどを考えて、置ける棚のサイズと、ほしい棚板の数が以下の通りとなりました。

  • 高さ:約175cmまで
  • 幅:85cmまで
  • 奥行き:約35cmまで
  • 棚板:最低15枚必要

早速家具屋さんに行って探してみました!

「ニトリ」で洗面所の壁面収納家具を発見!

設置したい場所が洗面所という湿気の多い場所のため、数年したらまた家具が傷んで買い直しになる可能性があるので、高級家具は見に行くのをやめました。

「イケア」と迷いましたが、場所が家から遠いことと、以前比較をしに行った時に見た家具がイケアの品質よりもニトリの品質のほうが個人的には好みだったので、デザインがシンプルで価格もお手頃、品質はまずまず良い感じの近所にある「ニトリ」へ行くことに。

実際に店の中で棚を探したのですが、中々ちょうどよいサイズの棚が見つからず諦めかけていたところ、組立家具を見つけました。

  • 棚の高さや棚板の位置もある程度自由に決めることができ
  • 引き出しも別売りですが購入できるタイプ
  • もしもいつか買い替えたくなった時にも長い板の部分はのこぎりでゴミ袋に入る大きさにカットすれば可燃ごみとして捨てることができ、処分時にも困りません。

色も欲しかった白色があったので、その家具が我が家の洗面所には丁度いいサイズと思いニトリの組立家具を購入しました!

ちなみに、実際に購入した組立家具はこちらです。シリーズ物で、我が家は白色希望でしたが、色違いもありサイズも豊富なので、どのご家庭にも合うサイズの棚が見つかると思いますよ♪

我が家が購入した
\▼ニトリの「組立家具」はこちら▼/


いよいよ希望の壁面収納が完成!

購入してきた組立家具は、基本の形はカラーBOX6段タイプですが、自由に棚板の位置を決めることができるもの。

棚板の位置が自由とはいえ、強度の問題もある為、上下の板を固定する必要がありました。

また、高さがあるので安全のために中央付近の板も固定する必要があり、それらは外側からネジを締めて固定するので、その棚板の位置を決めるために

  • 自分が設置したい全ての棚の位置
  • その中で、外側からネジを締めて、棚板を完全に固定する位置

この2点を確認してから作業を始めました。(組立前の写真を撮っていなかったので、以下完成写真を使って説明しています。スミマセン…。)

実際に外側からネジを締めた一番上の部分がこちらの写真。

【外側の側面】
家具を安全に使用するため、上中下の3ヶ所は外側からネジを締め、側面の板と内側の棚板を完全に動かないよう固定する。

写真は外側からネジを締めた「上」の部分。

記事内 洗面所 ネジ穴位置 外側 W480 HP入り

下は外側からネジを締めた一番下の部分の写真。

記事内 洗面所 棚板体重計用W480 HP入り

通常は一番下を固定するのですが、我が家の場合は左の棚の一番下に「体重計」を置きたかったので、左の棚のみ一番下を固定棚にするのではなく、あえて固定棚の位置を少し上にして組み立てました。

この棚には、

  1. 内側から「棚板を乗せるため」にネジを締める外側からは見えない穴
    内側に約3.2cm間隔で空いている貫通していない穴
  2. 外側から「棚板を完全に固定するため」にネジを締める貫通した穴
    ①の穴の横にあるが、全箇所ではない。

上記2種類の穴が、下の写真のように空いています。

【棚の内側】

記事内 洗面所 ネジ穴位置 内側P W480 HP入り

同じ間隔で作ったつもりだった棚板の位置が、「上下とも『内側から』ネジを締めて棚板を乗せた場所(下の写真の14.7cm)」より、「上は『内側から』ネジを締めて棚板を乗せ、下の板は『外側から』ネジを締めて棚板を固定した場所(下の写真の15.9cm)」の方が、下の写真のように1センチ程棚の間隔が広くなっていました。

【外側の側面(ネジの位置で棚の上下幅が変わります)

記事内 洗面所 棚位置 外側 W480 HP入り

組み立ててから気が付いたので、購入した引き出しが入るかどうかヒヤリとしましたが、さすがにこの棚用のBOXだったので大丈夫でした!

ちなみに内側でネジを締めて棚板を乗せる部分の拡大写真はこちらです。上から棚板を差し込みます。

記事内 洗面所 棚板ネジ凸部 W480 HP入り

1段作るのに4箇所固定用ネジを止める必要があり、結構地味に時間がかかる作業で電動ドライバーの充電をしておけばよかったと後悔しつつも、完成後を想像しながら黙々と作業し、やっと完成!

引き出しのデザインは全て統一しようかとも思いましたが、入れるものが異なるので右と左で素材を分け、左の肌着等を入れるものは生地を痛めないように内側が布張りの引出に、右側の脱いだものを一時的に入れるものは、通気性が良いように布張り無しのカゴのみの状態の引出にしました。

【洗面所 壁面収納棚】
(左の写真:下が入り切らず(汗)、右の写真:下の体重計置き場です)

記事内 洗面所 壁面収納写真W480 HP入り

使い始めてみると、各自の置き場所が確保できるというのは、思っていた以上に快適♪

それぞれが自分の場所は自分の責任の下で管理する意識が芽生え、これまで全て母親である私が片付けをしてきましたが、各自で片付けを行ってくれるように!

僅かではありますが自分の時間を増やすことに繋がり、我が家にとっては洗面所に棚を置いて大正解でした!

我が家が購入した
\▼ニトリの「組立家具」はこちら▼/


尚、天井まで隙間があったので地震対策として、家具の上から天井までに「突っ張り棒」を1つの棚に対して2つ、合計4本取り付けました。

まとめ:洗面所の壁面収納棚はとっても便利!

洗面所に各自の収納場所を作ったことで、洗濯物を畳んだあとに2階まで片付けに行く手間がなくなり、ちょっとしたことなのですが家事ストレスが減少しました。

また、置き場所を決めたことで、

  • 各自の置き場所は各自で整理整頓・片付けを行う習慣が付いてきた
  • 全員の物を母親の私一人で管理・片付けを行う必要がなくなった

ので、これも家事ストレスの減少になり、さらに家事の時短にも繋がったので、その時間を自分の時間として利用できるようになり、本当に棚を置いてよかったと思います。

他の場所も、洗面所のように

  • 各自の保管場所を決める
  • 各自が責任を持って整理整頓・片付けを行う

という形に変えていけば、母親の負担が減って家事がラクになっていきますよね。

こんな当たり前の事に40代後半になってからようやく気が付き、徐々に家の中の不要品を処分しながら思考の整理もしつつ、家族全員がラクに生活できるような居住空間を目指して日々片付けを継続しています。

この記事を読んで、メインで家事をこなしている方の負担が少しでも減っていくきっかけになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

※無料の間取りネット一括依頼を利用する方法も
もし家づくりを考えているなら、自宅にいながら複数の大手ハウスメーカーや工務店に「間取りプラン」や「費用」「土地探し」などを「無料」で一括依頼できるタウンライフを一度利用してみるのも良いかなと思います。

家を建てるときには、本当に多くの時間を費やすことになるので、自宅にいながらネットで簡単に依頼できるサービスは上手に利用して、楽しい家造りを♪

複数の大手ハウスメーカーや工務店に
\「無料」で土地探しや間取り相談!/

他にも、住宅関係や片付け記事なども書いています。お時間があれば、こちらもあわせてお読みいただけると嬉しいです♪

【その他の記事】

▼食器の断捨離をし、ラックを使って出し入れもしやすくした体験談をご紹介

アイキャッチ 片付け食器棚
食器収納にディッシュラック購入!出し入れが簡単便利に!【食器棚の片付け】食器棚の食器、きれいに並んでますか?出し入れしやすいですか? 我が家は3人家族なのですが、結婚当初、知り合いから沢山の食器をいただ...

▼階段の間取りを廊下経由にした理由とリビング経由との居心地の違いをご紹介

アイキャッチ 階段場所
階段の間取りを「廊下経由」に!リビング経由との居心地の違い4つとは?注文住宅で家を建てる場合は、かなり自由な設計をすることができますよね。 その中でも階段の位置は と結構迷う人が多いの...

▼キッチンのフライパン類の出し入れをラクにした方法をご紹介

アイキャッチ フライパンラック
フライパン収納!仕切りラック購入で出し入れが簡単に!【キッチン片付け】我が家はガスコンロ下にフライパンなどを保管しているのですが、中華料理や炒めものをするたびに「上に重ねている他のフライパンなどを一旦持ち上...

 

error: Content is protected !!