外部リンクに質の悪いリンク先?!「リンクの否認」申請で対処する!

「ころゆりホーム」へのご訪問ありがとうございます。当ブログのリンクには広告が含まれている場合がありますが、ご了承ください。様々な体験談などをご紹介しておりますので、ネット上の我が家で寛ぎながらご覧いただければ幸いです。
  • URLをコピーしました!

久しぶりにサーチコンソール内にある「外部リンク」のチェックをしたところ、どう考えても怪しい外部リンクが複数あるのを発見!

知らないURLを直接クリックするのは怖いので、無料のURLチェックツールを利用するなどして確認し、海外サイトや転売ヤー(?)などではないかと疑われるURL先全てのドメインとリンク先ページを「リンクの否認」申請しました。

今回どのような作業を行ったのか、備忘録として残しておきます。
(外部リンクデータ整理が初めての方向けに、画像多めの記事となっています)

私と同じ様に、怪しい外部リンクの対応に困っている方のお役に立てれば幸いです。

海外や質の悪いサイトからの外部リンクは、運営ブログの順位や評価を下げる可能性があり、グーグルへの「リンクの否認」申請は、外部リンクを取り除く最後の手段として行う作業といわれています。
良い被リンクを間違えて否認申請すると順位が下る可能性があるので、本当にリンクされたくないURL先なのか必ず確認し、慎重に作業してくださいね。

目次

「リンクの否認」作業の流れ

私のブログは「日本人向け・日本国内向け」に運営しており、自分のブログ内容とは全く関係がない海外サイトや質の悪いサイトからの被リンクは、好ましくありません。

怪しい外部リンクを見つけた場合、そのまま放置しておくとグーグルからの評価が下がってしまい、ブログ運営に悪影響を与える場合があるので、定期的に外部リンクを確認し、自分のブログの評価対象にされないように「リンクの否認」申請を行っています。

※「リンクの否認」参考ページ
Search Consoleヘルプ(サイトへのリンクを否認する)

下記に「リンクの否認」作業の主な流れを箇条書きにします。

「リンクの否認」作業の主な流れ
  • グーグルサーチコンソールで「リンク」画面を開く
  • 外部リンクデータをダウンロードする
  • 外部リンクの精査を行う
  • 無料のURLチェックサービス(aguse)にてサイトの確認をする
  • 「リンクの解除」を依頼できそうな相手にはお問い合わせなどから連絡してみる
    (私の場合は、明らかに海外サイトや質の悪いサイトだったので未連絡)
  • 申請用否認リストを作成する
  • 「リンクの否認」申請を行う

普通に「参考ブログとしての被リンク」をしてくださった方のURLを「リンクの否認」申請してしまうと、せっかくの流入件数が下がってしまう場合があるので、リンクの否認対象にする外部リンク先慎重に確認してくださいね。

【失敗談】
以前「リンクの否認」作業を行った際、否認しなくてもよいリンク先があったのですが、当時気が付かず「リンクの否認」申請を出してしまったことがありました。(Twitterからの被リンクなど)
「リンクの否認」はデータ更新ができるので、万が一間違えた場合は、申請をやり直してくださいね。

続いて、具体的な作業内容をPC画面の画像を使ってご紹介していきます。

外部リンクの確認とデーターダウンロード

外部リンクが何件あるのか、また、実際に「リンクの否認」の対象となる外部リンク先のURLはどれなのかを確認するために、まずは外部リンクデータをPCにダウンロードします。

私は「エクセルデータ」をダウンロードしました。

実際のPC画像で作業の流れをご紹介します。

STEP
グーグルサーチコンソールを開く
サチコ画面01 W630
STEP
画面左の下の方にある「リンク」をクリック
サチコ画面02
STEP
開いた画面の「外部リンク」文字の下に、外部リンクの合計数が表示されます
サチコ画面03 外部リンク数
STEP
画面右上にある「外部リンクをエクスポート」をクリック
サチコ画面03 W630
STEP
「その他のサンプルリンク」をクリック
サチコ画面04

今回、上記エクスポートデータのどちらをダウンロードしても同じ内容でしたが、2つの違いは以下の通りです。

  • 最新のリンク
    サイトへのリンクのうち、最近検出されたもの(最大 100,000 行)で、検出日順に並び替えられています。
  • その他のサンプルリンク
    サイトへのリンクのサンプル(最大 100,000 行)で、Google が認識しているすべてのリンクから抽出されます。サイトにリンクしているページ数が 100,000 ページを超える場合には、最新のリンクのエクスポートでは長すぎて省略されてしまうデータも表示でき、便利です。
引用元:サーチコンソールヘルプ(リンクレポート)より
STEP
自分が作業しやすいダウンロードデータの形式を選択してダウンロード

私はエクセルデータにしました。

サチコ画面05
STEP
検索バーにダウンロードしたデータが表示されるのでダウンロードファイルをクリック
サチコ画面06
STEP
外部リンクダウンロードデータが表示される

下記は「最新のリンク」データをエクスポートした場合。「その他のサンプルリンク」をダウンロードした時は、「前回のクロール」部分がないデータでした。

外部リンクデータ エクセル01 W630

セキュリティソフトの関係で上記画像は保護ビューで開いていますが、グーグルのデータとわかっているので「編集を有効にする」をクリックして、このあとの作業ができるようにしました。

続いてダウンロードしたエクセルデータを使って、「リンクの否認」対象となるURLを整理していきます。

外部リンクダウンロードデータの整理

外部リンクのデータをダウンロード後、データーの整理を行います。

今回はエクセルデータをダウンロードしたので、エクセルでのデータ整理方法と最終的にどのような形にしたのか画像を交えてご紹介していきます。

エクセルデータ整理方法
  • 「URL列」を昇順に並べ替える
  • 安全とわかっているURLを「リストの否認対象外」として色分け
  • 「ドメインのみ」の列を1列追加
  • 「無料のURLチェックサービス」にて外部リンクの確認を行う
  • 危険なドメインは「否認するドメイン」の列に1行ずつコピー
  • ④と⑤を繰り返して「リンクの否認」申請用元データを作っていく

文字だけではイメージがつかみにくいかと思いますので、画像にてご紹介していきます。

STEP
ダウンロードした外部リンクエクセルデータ

「その他のサンプルリンク」をダウンロード。

外部リンクデータ エクセル02 W630
STEP
A列を選択
外部リンクデータ エクセル03 W630
STEP
同じドメインを揃えるために並べ替える

「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れ、最優先されるキーで「A列(リンクしているページ)」を選んでから、並べ替えます。

外部リンクデータ エクセル04 W630
STEP
データが昇順に並び替わり、同じドメインが揃って見やすくなる

ただし、「http://」が先、「https://」が後に並びます。

外部リンクデータ エクセル06 W630
STEP
「大丈夫な外部リンク先」のセルに色を付けて見やすく整理する

間違えて「リンクの否認申請」しないように、「被リンクされても大丈夫なURLを色分け」すると視覚的に見やすく、整理しやすいです。

私は、大丈夫な外部リンクのセルに色を付け、危険なサイトURL一覧から除くために、一番下に固まるよう並べ替えてから、作業を進めていきました。

URLの色分け例

セルの色分けをして、危険と安全の区別をすると目視でも見やすくなります。例えば、

  • 危険なサイト=赤色
  • リンク切れサイト=黄色
  • 判断できない保留サイト=グレー
  • 安全なサイト=水色

など、ご自身に合う整理方法で試してみてください。

STEP
A列に1列挿入する

ダウンロードデータは外部リンク先の「ページ」データのみになっています。

私はドメインごと「リンクの否認」申請をするために、「ドメインデータのみ」の一覧も作りました。
(STEP9に整理後のエクセル画面見本あり)

  • A列1行目
    ⇒「#否認するドメイン」
  • B列1行目
    ⇒「#否認するページ」

上記の文字を各セルに入力します。「#」は半角です。

STEP
A列2行目以降は、セルの頭に「domain:」を入力しておく

「リンクの否認」申請時、ドメインごと否認をしたい時は、申請データの各ドメインの前に「domain:」を付けなければいけないため。
(「:」も半角)

STEP
「無料のURLチェックサービス」でサイト確認する

ダウンロードデータのページを一つずつ見ていくのは大変なため、私の場合は、ドメインごとにチェックしていきました。

ページごとにチェックしたい時は、ダウンロードデータのURLを1行ずつ(長くても文字を省かず)コピペして調査してください。

利用した「無料のURLチェックサービス」は「aguse」です。
(実際に使用したときの画面は後ほどご紹介します)

※無料のURLチェックサービス
「aguse.jp」を見てみる

STEP
aguseで危険なサイトと判断したら、「ドメイン」をエクセルのA列「domain:」の後ろにコピーしていく

▼エクセルデータを整理後の画面はこちら

外部リンクデータ エクセル07 W630
STEP
STEP8~9を繰り返して、「リンクの否認」申請用元データを作っていく

上記の方法で、外部リンクダウンロードデータを整理していきました。

最終の申請時はエクセルデータをコピーして、「テキストデータ」として保存する必要があります。

次の項目で申請用データの見本をご紹介します。

「リンクの否認」申請用のファイル作成と申請先

「リンクの否認」申請時はファイル形式が決まっており、エクセルデータのままでは申請ができません。

Search Consoleヘルプに記載がありますが、私は使い慣れているPCの「メモ帳(.txt)」に

  • #否認するドメイン
  • #否認するページ

の一覧をコピーし、ファイル名を「否認リスト」として保存しました。
(必ず1行ずつになるように)

▼メモ帳に保存した最終データ画面例

外部リンクデータ メモ W630

最後は、上記のメモ帳ファイルをSearch Console「リンクの否認」ページにアップロードして申請完了です。
(アップロードが完了するとグーグルからメールが届きます。Search Consoleの管理画面にもお知らせが届きます。)

否認リストのアップロード
  • 「リンクの否認」ページにログイン
  • プロパティの選択
    (ブログを複数運営している方は、外部リンクを外したいブログを選ぶ)
  • 「否認リンクをアップロード」をクリック
  • 「否認リスト」ファイルを選択するとアップロードされる

※過去に否認リストを申請済みの場合で、新しい否認リストに変えたい場合は「置き換える」をクリックして新しい「否認リスト」を選び、アップロードする。

下記がグーグルから具体的に指示されている「否認リスト」のファイル内容です。

  • ファイルは UTF-8 または 7-bit ASCII でエンコードされたテキスト ファイルにする必要があります。
  • ファイル名の末尾は .txt にする必要があります。
  • URL の最大長は 2,048 文字です。
  • 最大ファイルサイズは 100,000 行(空白行とコメント行を含む)および 2 MB です。
引用元:Search Consoleヘルプ(サイトへのリンクを否認する)

aguseの使い方とリンクの否認判断基準例

外部リンクのURLが「海外サイトや質の悪いサイトかどうか」を判断するために、無料のURLチェックサービス「aguse」を利用しました。

※参考※
aguse公式(aguseについて)
aguseでURLチェックをしてみる
aguse使い方

具体的にPC画像にてご紹介します。

aguseトップ画面

下の赤丸部分に調査したいURLを入力し、「調べる」をクリックする

aguse画面00 W630

しばらくすると、調査対象のサイト情報が表示されます。

もし、サイト先を見てみたい時は、「実際に表示されるサイトのURL」項目にある「aguse gatewayでアクセス」をクリックすると対象ページのプレビューが表示されます。

「aguse gatewayでアクセス」のボタン

aguse画面05

「aguse gatewayでアクセス」からサイトを見ようとしても表示されない時や表示が崩れている時もありました。
判断に迷った時は、一旦リンクの否認を見送るか、「サイトのタイトル」や「METAタグ情報」なども確認してサイト判断を。

「リンクの否認対象と判断した画面の例

あくまでも「私の場合」なので、被リンクされる覚えがあるURLは「リンクの否認対象」にしないよう注意してくださいね。

  • 「外部にリダイレクトされています」と表示されたサイト。
aguse画面01 W630
  • スクリーンショット画像が「意味不明な英語表記のみ」のサイト
  • 「サーバー証明書の有効期限が切れています」と表示されたサイト
aguse画面02 W630
注意点

「サーバー証明書の有効期限が切れています」と表示されていても、大丈夫なサイトもあったので、スクリーンショット内容とセットで判断しました。

大丈夫なサイトはMETAタグ情報にサイト内容の紹介がしっかり載っていました

  • 「サイトのタイトル」が「WordPress>Error」や「404」など「Error表示関係のタイトル」のサイト
aguse画面03 W630
  • 「aguse」調査結果画面の一番下にある「ブラックリスト判定結果」が「赤文字(危険サイト)」判定のサイト
aguse画面04 W630

判定結果が「◯」のサイトでも、海外の意味不明なサイトが沢山あり、全て「◯SAFE」だから安心と判定できる状態ではなかったです。

以上が主に「リンクの否認」対象となったサイトです。

繰り返しますが、あくまでも私のサイトの場合の判断基準です。

「リンクの否認」をされる場合は、くれぐれも慎重に作業をしてくださいね。

中には「aguse」でも判断できないサイトがありました。

かなり迷ったのですが、最終手段として「シークレットウィンドウ」モードで検索窓に「URL␣とは」と入力してみたところ、怪しいサイトを開くことなく、検索結果一覧に該当する「URL」ページが複数表示!

どれも「転売ヤー」っぽい商品画像が表示されたので、「リンクの否認」対象と判断しました。
(ただこの方法はうっかりミスをする可能性もあるので、真似されないほうがいいです)

絶対に「URLのみ」で検索しないでください。直接サイトが開いてしまいます。

外部リンクは定期的に確認を

今回、久しぶりに外部リンク確認をしたのですが、外部リンクがそれほどつかないような記事に複数の被リンクがあったので「ドキッ」としました。

確認してみるとリンク先がほぼ海外。

商品を自分で撮影して販売している転売のようなサイトや全く機能していないサイト、画面にエラー表示が出てくるサイトなど、どう考えても怪しいサイトからのスパムリンクが多かったです。

エクセルで作業できる方なら、データの整理が比較的やりやすいと思いますので、地味な作業ではありますが、自分のサイトを守るために、お互い定期的に点検をしていきましょうね♪

この記事が怪しい外部リンクに悩んでいる方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

テーマを乗り換え
\ブロックエディター作業が楽になりました♪/

WordPressテーマ「SWELL」

【その他記事】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次