旅行

広大な奈良公園!鹿とのふれあい&東大寺大仏殿めぐり|散策②

アイキャッチ 大仏殿a

こちらの記事は、前回公開した「奈良公園へウォーキング!朝一番の春日大社参拝|散策①」の続きとなります。

お正月休みの三が日を過ぎてから行ったものの、人混みと渋滞を避けるため、朝7時30分に最初の目的地である「春日大社」の駐車場へ到着。

大失態もありつつ(笑)、無事に春日大社の参拝を終え、歩いて次の目的地である東大寺大仏殿へ。

今回は鹿とのふれあいや、東大寺大仏殿の参拝などを沢山の写真を交えながらご紹介。

これから初めて東大寺大仏殿に行かれる方の参考になれば幸いです。

奈良公園散策は最初に見つけた駐車場から「歩いて移動」が効率的

東大寺へ01 春日大社駐車場
(春日大社駐車場 朝8時過ぎ)

春日大社から東大寺は、歩いて約20分で移動可能な距離だったため、そのまま徒歩にて東大寺へ。

我が家は朝8時過ぎには「春日大社の駐車場」から「東大寺大仏殿」に向かって歩き始めたので、まだ道路も空いており、観光客も少なく、東大寺内をゆっくり散策するができました。

ただ、「東大寺二月堂」の参拝を終えて「東大寺大仏殿」まで戻り、「東大寺ミュージアム」に向かった朝10時頃には、これから東大寺の大仏様を見に行く観光客(外国人も)かなり増えており、道路も混み始めていたので、車で移動していると駐車場の確保が難しくなると思います。

そのため、駐車場ははじめに止めた場所から移動せず、歩いて奈良公園の観光めぐりをされることをオススメします。

前回の記事でもご紹介しましたが、我が家が春日大社の駐車場から実際に歩いたコースをご紹介しておきます。

青文字の部分は「公式ホームページ」へのリンクが貼ってありますので、ご興味のある方はご覧ください。

春日大社

途中で鹿の餌やり

東大寺大仏殿

東大寺二月堂

東大寺ミュージアム

奈良国立博物館

興福寺

春日大社駐車場へ

※注意※
初めてこの記事を読んでいる方のために、再度お伝えしますが、これだけ歩くとかなり疲れます。^^;

スマホのアプリで「11.47km」となっていたので、もし同じコースを歩かれる場合は、「歩きやすい靴」で出かけることを強くオススメします。

では、東大寺大仏殿に向けて出発!

▼東大寺大仏殿▼

鹿とのふれあいとハプニング

春日大社の駐車場から東大寺に向かって歩いている途中で「鹿せんべい」の自販機を見つけました。

東大寺へ02 鹿せんべい自販機

さすが奈良公園!鹿グッズまで自販機で購入できます。

「おせんべい500円は高いなぁ」

と思いつつ、せっかく餌やりを楽しみにしてきたので、早速、鹿せんべいを購入♪

可愛らしい六角形の箱に鹿せんべいが10枚入っていました。

▼鹿せんべいの箱

東大寺へ03 鹿せんべい箱

▼箱の中の鹿せんべい

東大寺へ04 鹿せんべい中身
東大寺へ05 鹿せんべい中身10枚

これでいつでも鹿の餌やりができるようになりました。

楽しみです(*^^*)

あっ!そうそう!

あとからわかったのですが、東大寺に向かっていくと、鹿せんべいが「箱なし」となりますが「10枚 200円」で売っていました~ ^^;

  • 箱代が300円(*_*)

ただ、持ち歩く時に箱がある方が便利だったので、まぁ良しとしておきます(笑)

【鹿の餌やりについて】
奈良公園公式ホームページ「奈良公園のシカとの接し方」

※鹿せんべいが無くなったら、鹿の目線で両手を上げて「もうないよ」の合図を

しばらく道なりに歩いていくと、右手に「奈良春日野国際フォーラム」という建物が見えてきました。

まだ開場前のため、チェーンがかかっていましたが、少し入らせていただいて記念撮影。

▼奈良春日野国際フォーラム

東大寺へ06 奈良春日野国際フォーラム01
東大寺へ07 奈良春日野国際フォーラム02

記念撮影を終え、さらに進むと右手に池が↓

東大寺へ08 奈良春日野国際フォーラム池01

まだ早朝で寒かったため、表面に氷が張っていました↓

東大寺へ09 奈良春日野国際フォーラム池02

右手には奈良公園最大の芝生広場である「浮雲園地」が広がっており、沢山の鹿が生息しています。

早速鹿と出会ったのですが、まだ早朝で眠たそう(笑)

東大寺へ10 浮雲園地の鹿01

動きがないので餌やりは断念し、東大寺に向けて歩いて行きます。

ようやく「東大寺南大門」前に続く道に到着。

多くの鹿が寛いでいました↓

東大寺へ14 複数の鹿

このあたりは観光客が多いので、鹿の方も人馴れしていますね。

すぐに鹿が寄ってくるので、カバンなどの持ち物を取られないように、しっかり持ち直し!

私が手になにか持っていると気がつき、早速鹿が近づいてきたので、夫に餌やりをしてもらい、記念撮影!

▼東大寺南大門近くで餌やり体験

東大寺へ11 浮雲園地の鹿02

わたしはこちらの子鹿に餌やり♪

東大寺へ12 子鹿にもせんべい

私が写真撮影をしていたら

「痛っ!!コイツ、俺のおしりを噛んできた!」

と夫の声が(笑)

ちなみに夫のおしりに噛みついた鹿は、夫が最初に餌をあげたこちらの鹿です。

▼夫に噛みついた鹿

東大寺へ13 夫をかんだ鹿

優しそうな顔をして、恩を仇で返されました(笑)

他の鹿に餌やりしていたので、もっと鹿せんべいが欲しかったのか、催促の甘咬み(?)です。^^;

夫は軽く噛まれた程度で怪我もなく大丈夫でしたが、あくまでも野生の鹿なので、行かれる方は気を付けてくださいね。

東大寺南大門に向かう道では、店頭で鹿せんべいを「むき出しのまま」少し高い位置において「10枚 200円」で販売しています。

販売しているおじさんの真横に鹿がいて、せんべいが鹿の目の前にある状態だったのですが、勝手に食べることなく、おとなしくしていたので、見ていて面白かったです♪

ほんとうに沢山の鹿がいます。

そのため、「鹿のフン」もあちこち転がっているので、歩くときには足元に気をつけて散策を(笑)

まだ観光客が少なかったからか、あまりにも沢山の鹿が私達夫婦の方に寄ってきたので、両手を上げて「もうないよ」の合図をしつつ、急いで退散^^;

ちょっと怖かった~!

東大寺大仏殿に圧倒される!

鹿のえさやりを堪能し、いよいよ東大寺の大仏様を目指します。

しばらく歩いて行くと、東大寺世界遺産の石碑を発見。

▼東大寺世界遺産石碑

東大寺へ17 世界遺産碑東大寺

さらに進むと、国内で最大級の山門である「東大寺南大門」が見えてきました。

▼東大寺南大門

東大寺へ18 東大寺南大門
東大寺へ19 東大寺南大門文字

東大寺南大門には「東大寺の仁王さん」と呼ばれる「金剛力士像」が安置されており、正面から見て門の左側が開口の「阿形(あぎょう)像」、右側が口を結んだ「吽形(うぎょう)像」となっています。

あまり綺麗に撮影できなかったのですが、記念に載せておきます。

▼開口の「阿形像」

東大寺へ19 東大寺南大門阿形

▼口を結んだ「吽形像」

東大寺へ20 東大寺南大門吽形
  • 阿形像:開いた口は、宇宙の始まり
  • 吽形像:閉じた口は、宇宙の完成

を表わしているそうです。

この金剛力士像は

鎌倉時代初頭の建仁3年(1203)に運慶や快慶ら仏師たちによってわずか69日間で造像された巨大像

引用元:東大寺公式ホームページ(南大門)

と言われています。

門の北側には、日本最古の巨大な「狛犬(石獅子)」があるとのことですが、全く気が付かずに通り過ぎてしまいました…。残念!

東大寺南大門をくぐると、中門が現れます。

▼東大寺中門

東大寺へ21 東大寺中門01

中門を正面に見て左手に「大仏殿入堂口」があり、左手奥にトイレがあります。

▼トイレ側からみた東大寺中門

東大寺へ23 東大寺中門トイレ側から

▼東大寺大仏殿入り口

東大寺へ22 東大寺中門入り口

【東大寺大仏殿 入場料】
 大人600円、小学生300円

【大仏殿+東大寺ミュージアムセット券】
 大人1,000円、小学生400円

受付を済ませて案内の通りに進んでいくと、正面にお線香が置かれており↓

東大寺へ23-2 東大寺中門線香

ここを左に曲がると、正面に東大寺大仏殿が現れました。

▼東大寺大仏殿

東大寺へ24 東大寺大仏殿正面

世界最大級の木造建造物と言われるだけあって、とても迫力ある大きさ!

近くまで歩いていくと、奈良時代の東大寺創建当初から残されている「八角燈籠」を間近で見ることができます。

この灯籠は、日本最大かつ日本最古の灯籠として国宝にも指定されているそうです。

大仏様が目の前にあるため、八角燈籠に気が付かずに通り過ぎてしまう観光客が多いようなので、行かれる方は足を止めて綺麗な装飾を眺めながら、奈良時代に思いを馳せてみるのも良いのではないでしょうか。(*^^*)

▼八角燈籠

東大寺へ25 東大寺大仏殿八角燈籠

東大寺大仏殿入り口では、お線香が焚かれており、その「煙や香りを吸うとご利益がいただける」とのことで、煙を頭や身体に浴びてから大仏殿の中へ。

ついに「奈良の大仏様」が目の前に現れました!

▼盧舎那(毘盧遮那)仏
[るしゃな(びるしゃな)ぶつ]

東大寺へ26 東大寺大仏様
東大寺へ27 東大寺大仏様よこ

盧舎那(毘盧遮那)仏の後ろ側

東大寺へ28 東大寺大仏様後ろ

奈良の大仏様を見るのは小学校の修学旅行以来ですが、大人になってから見ても、やはり迫力がありますね!

大仏殿の中には、中央の奈良の大仏様「盧舎那(毘盧遮那)仏」の

  • 右側に「如意輪観音菩薩
  • 左側に「虚空蔵菩薩

が納められています。

如意輪観音菩薩
(にょいりんかんのんぼさつ)

東大寺へ32 東大寺大仏様右 如意輪観音

虚空蔵菩薩
(こくうぞうぼさつ)

東大寺へ29 東大寺大仏様左 虚空蔵菩薩

また、仏様を守護する四天王のうち、中央の奈良の大仏様「盧舎那(毘盧遮那)仏」の

  • 後ろ左隅に 「広目天立像
  • 後ろ右隅に 「多聞天立像

が納められており、「持国天」と「増長天」は頭部のみ残されていました。

広目天
(こうもくてん)

東大寺へ34 東大寺大仏様 廣目天

▼多聞天
(たもんてん)

東大寺へ33 東大寺大仏様 多聞天

▼持国天
(じこくてん)頭部のみ

東大寺へ38 東大寺大仏様 持国天頭部
東大寺へ37 東大寺大仏様 持国天説明

▼増長天
(ぞうちょうてん)頭部のみ

東大寺へ36 東大寺大仏様 増長天頭部
東大寺へ35 東大寺大仏様 増長天説明

四天王は守る方角が下記のように決まっているそうです。

【四天王】【守る方位】
持国天
(じこくてん)
増長天
(ぞうちょうてん)
広目天
(こうもくてん)
西
多聞天
(たもんてん)

さらに、東大寺大仏殿の大棟の両端につけられている「鴟尾(しび)」という飾りも間近で見ることができました。

以前ニュースで話題となっていた、名古屋城の「金のシャチホコ」と同じ役割をする「飾り」です。

鴟尾を正面に見て左手の壁に、鴟尾についての解説が取り付けてあります。

「こんなに大きなものが屋根に乗ってるの?」

と驚くような大きさなので、行かれた際にはぜひご覧になってくださいね。

▼東大寺大仏殿の鴟尾

東大寺へ30 東大寺大仏様左 しび
東大寺へ31 東大寺大仏様左 しび解説

東大寺大仏殿の中で、小学校の修学旅行時に大人気だった場所があるのですが、あなたは覚えていらっしゃいますか?
(遠方の方は修学旅行の場所が違うかもしれませんが…)

それは、

「柱の穴くぐり」

です。

大仏殿の中にある1本の柱の下に、およそ縦37㎝✕横30㎝の穴が開いている場所があり、この穴の大きさは、「大仏様の鼻の穴の大きさと同じ」だそうで、その穴をくぐることができるとご利益があると言われています。
(元々は厄除けの意味があるとも言われています)

穴の大きさ的に「小柄な小学生までが限界」だと思いますが、過去に大人が挑戦して抜けなくなってしまい、大変な騒動になったこともあるとか^^;

ただ、今は感染症の影響で、「柱の穴くぐり」は中止となっています。

▼柱の穴くぐり

東大寺へ32 東大寺大仏様 柱の穴くぐり
東大寺へ42 東大寺大仏様 柱の穴くぐり中止

東大寺大仏殿の拝観を終えて出口を出ると、左手に古びた像が置いてあります。

当日はしっかり見ないまま大仏殿を後にしたのですが、色々調べたところ、

「病を患っている部分と同じ箇所を撫でると除病の功徳がある」

と言われているそうです。

ただ、柵に囲われており、上半身などは手が届かない状態となっています。

写真を取り忘れたのですが、ちょうど写っていた写真があったので、ピンボケ状態の写真で申し訳ありませんが載せておきます。

▼賓頭盧尊者像
(びんずるそんじゃぞう)

東大寺へ39 東大寺大仏様 びんずる尊者像
東大寺へ40 東大寺大仏様 びんずる尊者像位置

ようやく東大寺大仏殿の拝観を終え、中門に戻り、出口へ向かいます。

出口手前の東回廊がとても雅な感じで素敵だったので、記念に撮影♪

▼東大寺大仏殿東回廊

東大寺へ43 東大寺大仏様 東回廊

以上が東大寺大仏殿までのご紹介です。

このあと、東大寺二月堂へ向かっていったのですが、長くなりましたので、続きはまた別記事にてご紹介します。

まとめ:見どころ満載の東大寺大仏殿!

数十年ぶりに奈良公園へ行き、鹿のえさやりでハプニングにあいながらも、東大寺大仏殿の参拝まで無事終了。

子供のときには気が付かなかった部分が多々あり、とても見ごたえのある大仏殿でした。

今回の記事で、奈良公園のご紹介は最後にする予定でしたが、記事を書いているうちに4,000文字を超えていたので、3回シリーズに変更します。^^;

次回は、東大寺二月堂から最後までをご紹介する予定です。

半日で11km以上歩いただけのことはありますね(笑)

ちょっと行きたい観光場所を欲張りすぎましたが、今度はいつ行けるかわからないので、頑張って歩いて良かった~!

この記事を読んで、少しでも「東大寺大仏殿」に興味を持っていただければ幸いです。

※次の記事
>>>「お水取りで有名な二月堂へ!博物館や興福寺など盛沢山の奈良公園めぐり|散策③」

※前回の記事
>>>「奈良公園へウォーキング!朝一番の春日大社参拝|散策①」

【その他記事】

「苗木城跡へハイキング!恵那山・木曽川など360度の絶景を堪能!」

「大室山&伊豆シャボテン動物公園は大人も楽しめる!家族旅行でわかったお得情報もご紹介♪」

「初めての一人暮らしは引越し当日の段取りに要注意!家具家電購入時の注意点もご紹介」

ABOUT ME
圧縮 似顔絵 ころゆり 500px
ころゆり
年の離れた夫とのセカンドライフに向けて生活のダウンサイジングを実践中。 ブログでは、長年暮らしている注文住宅のことや心にゆとりを持ったシンプルなセカンドライフを目指して取り組んでいる「生活&家計」改善、片付け(老前整理)、商品レビュー、日々の暮らしなどについてご紹介しています。
error: Content is protected !!