曽爾高原のススキは11月がオススメ!コンパクトカーで2回目の車中泊体験!

  • URLをコピーしました!

先日、コンパクトカーで2度目の車中泊体験をしてきました。

行先は、約40ヘクタールの広さがある奈良県の曽爾高原。

秋になると辺り一面がすすきで覆われ、昼間は太陽の光を浴びて銀色に、夕方になると夕陽を浴びて金色に姿を変え、とても美しい雄大な景色を見ることができる人気スポットです。

毎年11月中旬から下旬頃が見ごろとのことで、今回初めて訪れてみました。

あいにく雲の多い日で、スッキリとした青空を背景に写真を撮ることは叶いませんでしたが、買い替えたiPhone15Proがなかなか良い仕事をしてくれました(笑)

せっかくなので、記念に記録として残します。

まだ、曽爾高原に行ったことのない方は、今年のすすきの見頃は終わりましたが、ぜひ来年の11月下旬ごろに訪れてみてくださいね。

曽爾高原は「天体観測地」としても有名です。近くの駐車場は24時間営業ですが、高原内に明かりはないため、忘れずに懐中電灯などの「明かり」を持ってお出かけくださいね。

「奈良県 曽爾高原」周辺の宿泊先、航空券・レンタカー等こちらから予約できます。

楽天トラベルで宿泊先等を見てみる>>

目次

曽爾高原の駐車場について

曽爾高原02 地図2a
2023年曽爾村観光ガイドBOOKより

曽爾高原は上記の地図にもありますが、秋になると一部一方通行になる箇所があります。

▼参考(奈良県観光公式サイト)
なら旅ネット「ぬるべの里 曽爾村観光ガイドBOOK」

また、曽爾高原付近には駐車場が3箇所ありますが、1ヶ所は「大型バス専用」となっており、自家用車の駐車場は

  • 曽爾高原野口駐車場
    (終日800円・150台 一番近い)
  • 曽爾高原ファームガーデン駐車場
    (無料。高原まで徒歩30~40分)

の2箇所です。(先の地図画像のP赤丸2ヶ所)

曽爾高原11 駐車場a
2023年12月現在の野口駐車場料金

秋のすすきシーズンの混雑具合はかなり酷いらしく、一番近いところにある駐車場の待ち時間は、長い時は3時間待ちとの口コミを見かけました。

我が家はシーズン終わり直後の12月初旬の夕方近くに行ったため、全く渋滞はなく、一番近い駐車場に止めることができましたが、オンシーズンの日中に行かれる方は、渋滞覚悟でお出かけください^^;

時間帯を早朝か夕方にずらして行くと、「人混みが緩和されて写真が撮りやすい」という情報があったので、撮影目当ての方は昼間は避けたほうが無難ですね。

どうしても到着が混雑時間になる場合は、温泉やレストラン、お米パン販売などがある「曽爾高原ファームガーデン」の駐車場に止めて歩いたほうが早いという口コミもありました。

▼曽爾ファームガーデン

曽爾高原04 ファームガーデンa
曽爾高原ファームガーデン 案内図
曽爾高原03 ファームガーデンa
通り沿いにある「お亀の湯」看板
曽爾高原05 ファームガーデンa
曽爾高原ファームガーデン すすきの館
曽爾高原06 ファームガーデンa
曽爾高原ファームガーデン すすきの館内部
曽爾高原07 ファームガーデンa
曽爾高原ファームガーデン お米の館

坂道を30~40分ほど歩くことになりますが、足腰に自信のある方は利用されても良いかも(*^^*)

ただし、帰りが暗くなってしまう時は、必ず懐中電灯などの灯りを持参するようにしてください。

夜道はかなり暗いです。

「曽爾高原ファームガーデン」には、「お亀の湯」という温泉施設もあるので、曽爾高原散策後、冷え切った体を温泉に入ってゆっくり温めて寛ぐのもおすすめです。

▼お亀の湯▼

曽爾高原09 ファームガーデンa
曽爾高原 パンフ03a

また、曽爾高原ファームガーデンの道路を挟んだ向かい側にあるお店の「ぜんざいが美味しい」との口コミがありました。お時間がある方はぜひ!
(行きに写真だけ撮り、帰りに寄ろうと思ったらもう閉店していました… 泣)

▼ぜんざいが美味しいと口コミがあるお店▼

曽爾高原08 ファームガーデンa

曽爾高原では、以前は秋になると夜は「山灯り」というライトアップイベントがあったそうですが、令和5年度は、設備の老朽化に伴い「中止」となりました。

※参考
曽爾村公式ホームページ「山灯りの中止について」

今後の予定は未定とのことなので、令和6年度以降にライトアップを見に行きたい方は、行かれる前に、ホームページで確認をしてからお出かけくださいね。

曽爾高原は「天体観測地」としても有名な場所となっています。
野口駐車場は終日利用できるとのことなので、星空を見に行かれる方は、懐中電灯などを忘れずに。

▼曽爾高原 野口駐車場▼
(グーグルマップ)

曽爾高原へ行くときの服装など(11月下旬以降)

曽爾高原は、

  • 春は山焼き
  • 夏は緑の絨毯
  • 秋は一面のすすき
  • 冬は天体観測&温泉

など、四季折々の楽しみ方ができる観光地ですが、我が家のように11月下旬以降に行かれる方はしっかり防寒対策を。

今回私が行った時の服装と必須の持ち物は

  • ダウンコート(帽子付き)
  • マフラー
  • はるカイロ
  • 手袋
  • 懐中電灯(灯りがないため)
  • カメラ(私はiPhone)
  • 自撮り棒

高原内は遮るものがないので、風が吹き抜ける場所で撮影をしていると本当に寒いです。

寒い時期に行かれる方は、とにかく暖かい服装でお出かけください。

曽爾高原のすすき

今回曽爾高原へ行った日は、あいにく雲の多い日で、澄んだ青空を背景にすすきを撮影することはできませんでしたが、今のスマホは凄いですね。

私は最近スマホをiPhone15Proに買い替えたのですが、iPhone8やiPhoneSE3のカメラと比べて暗い時の撮影がかなり綺麗です。

僅かな光を拾ってくれるのか、灰色だった空が、カメラを通すとうっすら水色に(*^^*)

では当日撮影した写真をご紹介します。

我が家は曽爾高原に一番近い野口駐車場に止めることができたので、駐車場から高原へと続く道を歩きます。

曽爾高原12 駐車場から高原へa

上の写真を見ると青空に見えますが、実際に目で見た空は雲に覆われていたので灰色がかった空でした。

写真のほうが綺麗 笑

しばらく歩くと、目の前が開けてきました。

曽爾高原13a
曽爾高原14a

約40ヘクタールと言われているだけあり、かなり広い高原です。

正面に見えてきたのが「お亀池」で、大蛇伝説は少々怖い気も^^;

曽爾高原16 お亀池a
曽爾高原15a
曽爾高原15-2a

今回は夕陽で金色に輝くすすきを見たかったので、到着時間は15時過ぎ。

日の入りまであと1時間半ほどあります。

まずは中央の広場へ向かいます。

曽爾高原17a
曽爾高原19a

風が吹くとすすきの穂が波の様に揺れて、とても幻想的!
(両側がすすきに覆われた遊歩道を歩いているところ。写真で伝えるのは難しいですね^^;)

曽爾高原20a
曽爾高原21a

ようやく中央の広場に到着です。

曽爾高原22a
曽爾高原23a

時間が遅かったこともあり人影はまばらで、風景撮影にほとんど人が入らないのが嬉しい♪

更に上からの景色を見るため、階段に向かいます。

曽爾高原26a
曽爾高原27a

ここを登っていくと「亀山峠」にたどり着くのですが、夕陽の撮影に間に合わなくなるので途中で振り返って記念撮影!

曽爾高原29a

かなり日が落ちてきました。

空から太陽の光が差し込み始めましたが、今回は雲が多いので高原の方に光が届かないかも
(> <)

曽爾高原30a

ここでの夕陽の撮影は諦め、別の撮影スポットに向かいます。

曽爾高原28a

中央の広場から、今度は石畳の道へ。

曽爾高原31a

どなたかわかりませんが、夕陽に向かって石畳を歩く後ろ姿がなんだか良い感じ(*^^*)

いよいよ日没時間が近づいてきました。

曽爾高原32a
曽爾高原33a

夕景が楽しめる場所に到着すると、既に多くの人が写真を撮ろうとスタンバイ中。

雲の切れ間から夕陽が見えないかと、皆さん僅かな期待を込めてシャッターチャンスを狙っています。

ほんの一瞬、夕陽が顔を出した時があり、一斉にシャッタを切り始めますが、すぐに雲に隠れてしまい、今回は残念ながら一面が金色に輝くすすきを撮影する事はできませんでした^^;

最後に撮影した1枚がこちらです。

曽爾高原35a

残念でしたが、これはこれで良い記念となりました。

ちなみに雲がなく、プロの方が撮影するとこんな素敵な写真が撮影できるそうです。

▼曽爾村観光ガイドブックより

曽爾高原 パンフ02 a

撮影場所もカメラも異なりますが、夕陽といい、すすきの輝きといい、全く違いますね…^^;

さすがプロの方の撮影です。お見事!

いつかまたリベンジしたいと思います♪

曽爾高原近くには、他にも撮影スポットやハイキングコースなどがあるので、気になる方はデジタルガイドマップを御覧くださいね。

▼参考(奈良県観光公式サイト)
なら旅ネット「ぬるべの里 曽爾村観光ガイドBOOK」

2回目の車中泊は快適仕様にグレードアップ!

曽爾高原の夕陽を見たあとは、近場で車中泊ができるところはないかとグーグルマップで「車中泊スポット」と入力して検索。

すると、「道の駅 針テラス」というところの車中泊口コミが良かったので、途中にあった「餃子の王将」で夕食を食べてから道の駅へ。
(最近、餃子の王将のニラレバ炒めにハマり中 笑)

正面に向かって中央にバスの駐車場があり、その右手の駐車場が車中泊常連の方々が止めている場所のようで、我が家もそちらへ。

今回は朝の気温が5度前後だったので、「Jackeryポータブル電源」「電気湯たんぽ」「電気毛布」が大活躍!

車内をフラットな状態にできる、車中泊やキャンプなどにも最適な「インフレータブルマット」も購入し、コンパクトカー車中泊1回目よりも格段に寝心地が良かったです♪

※参考記事
「コンパクトカーで初めての車中泊!良かった点と失敗したこと」

カーテンもダブルクリップ(中)を購入し、設置もラクラク!

車中泊2回目 カーテンa
車中泊2回目 カーテンクリップa

少しずつ車中泊も快適仕様に変わってきました。

あとは、車内での寝室作り時にちょっと時間がかかってしまったので、もう少し出際よく準備できるようになればと思っています。

次回は天体観測もしてみたい!

奈良県の曽爾高原は、天体観測ができる場所としても有名で、今回

「夕陽は撮れなかったけれど、夜になって雲が晴れてきたら星空が見れるかも…」

と淡い期待を寄せていましたが、残念ながら雲が晴れる様子がなかったので諦めて道の駅へ移動しました^^;

次回はもう少しすすきの穂が豊かにある時期に訪れてみたいです。

あなたも車中泊で節約旅行してみませんか?

おすすめの大自然があれば是非教えてください(^^)/

我が家が購入した車中泊マット


▼宿泊施設でゆっくりしたい方は▼

「奈良県 曽爾高原」周辺の宿泊先、航空券・レンタカー等こちらから予約できます。

楽天トラベルで宿泊先等を見てみる>>

【その他記事】

2024年版|これまでに買ってよかった「寒さ対策グッズ」9選!

家族旅行を楽しもう!世界遺産から大自然満喫までオススメ6選!

大室山&伊豆シャボテン動物公園は大人も楽しめる!家族旅行でわかったお得情報もご紹介♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次