家計見直し

電力会社を変更!過去2年間の電気代比較と楽天でんきの今後について

アイキャッチ 楽天から電力会社変更a

2年半ほど楽天でんきを利用していたのですが、「11月分からさらに値上げする」という案内が届いたため、先日地元の大手電力会社に切り替えました。

ただ、今後は大手電力会社も値上げすると案内が出ているので、実際のところ、電気代の変化がどうなるのかはわかりませんが…(^_^;

ちょうど9月分の電気代請求書が届いたので、過去2年間と比較してみたところ、あまりの値上がりにびっくり!

家計を圧迫するはずです(泣)

この記事では、我が家の電気代が2020年から2022年にかけて「どの位値上がりしたのか」や、今後楽天でんきが「どの様に変わっていくのか」をご報告するとともに、私が着ている電気代節約に役立つルームウェアもあわせてご紹介します。

2020・2021・2022年9月電気代の変化

楽天でんきの場合、大手電力会社のように「基本料金」はなく、従量料金は地域によって一律に決められていました。

楽天でんきの請求書を見ると、

  • 従量料金
  • 燃料費調整額
  • 再エネ発電促進賦課金

上記3つの項目があり、それぞれの単価にその月に使用した「kWh」を掛けて、合計したものが1ヶ月の電気代請求額となっています。

我が家の場合、2020年、2021年は息子が同居していたのですが、2022年の9月分請求期間(8/22~9/20)は、始めの約1週間のみ息子が滞在していた状態。

そのため、電気代の値上がりを正確に把握するため、毎年の9月の電気使用量を「530kWh」と固定して価格比較してみました。
(まだエアコンを使うこの時期の夫婦二人だったらたぶんこのくらいかな)

実際の比較表がこちらです↓

9月分2022年2021年2020年
従量料金
(単価)
15,529円
(29.30)
14,045円
(26.50)
14,045円
(26.50)
燃料費調整額
(単価)
2,681円
(5.06)
-2,088円
(-3.94)
-2,135円
(-4.03)
再エネ発電
促進賦課金

(単価)
1,828円
(3.45)
1,780円
(3.36)
1,579円
(2.98)
電気使用量
(kWh)
530530530
電気代合計
(単価×kWh)
20,038円13,737円13,489円
(2020年から2022年の9月分電気代比較表)

全ての単価が昨年よりも値上がりしていますね。

電気使用量を毎年「530kWh」と仮定して計算してみたところ、2021年と比べると2022年は

「6,301円電気代UP!」

2020年と2022年を比較すると

「6,549円電気代UP!」

9月分だけで電気料金がこれだけ値上がりです。

今後、さらに値上がりするという案内が来ていたので、本当に恐ろしい~!

地元大手電力会社に変えておいて良かった!

楽天でんきの値上げの試算

楽天でんきは、2022年11月1日(火)より、

「燃料費調整単価から市場価格調整単価への変更」

を行うそうです。

2022年9月20日【重要】「楽天でんき」電気需給約款(低圧)および料金表改定のお知らせ(燃料費調整から市場価格調整への変更)

初めて案内が来た時は、確認するのが面倒であまりしっかり文章を読んでいなかったのですが、数日後に改めて内容確認をしたところ、かなりの値上げになることが判明!

楽天でんきを利用し、2022年9月の時点で

  • もし「市場価格調整単価」にて電気料金を算出した場合どうなっていたか
  • 燃料費調整単価と市場価格調整単価の比較

の価格イメージの記載がありましたので、ご紹介します。

202209市場価格イメージ楽天W630

引用元:楽天でんき(2022年9月の電気料金イメージ(プランS、使用量300kWh/月))

202209市場価格単価比較楽天W630

引用元:楽天でんき(燃料費調整単価と市場価格調整単価の比較イメージ)

我が家の場合、中部地方に該当するので、

  • 燃料費調整単価「5.06円」から、市場価格調整単価「15.20円」

に変更となるイメージ。

市場価格調整単価燃料費調整単価差額「10.14円」

先程比較した9月電気使用量「530kWh」を、市場価格調整単価で計算した場合のさらなる値上り額は、「530kWh×10.14円」で

今よりさらに「5,374円」の値上がり!

になることに(汗)

もしも、今年の9月の電気代が市場価格調整単価で計算されていたら、2021年の電気代と比較すると、「2021と2022年の差額6,301円+「市場価格調整単価と燃料費燃料費調整単価の差額5,374円」で、

昨年9月より11,675円値上がりしていたことに!

楽天でんきは11月以降、さらに値上がりする可能性があるとのことなので、恐ろしくなってすぐに地元の大手電力会社に変更しました(^_^;

電気使用量によって値上り幅は異なりますが、我が家と同じくらいの使用量であれば、昨年より1万円以上の値上りに。

もし、まだ楽天でんきで契約されている方がいらっしゃれば、一度確認された方がいいですよ。

大手電力会社も値上がりすると案内はきているものの、現時点では楽天でんきほどの価格にはなりませんでした。

今から他の電力会社へ変更するとなると、11月の途中からになるので、楽天でんきの大幅値上げの影響は避けられませんが、再来月分からは切り替わるはずですから。

ルームウェアーの工夫で電気代を節約

今年は電気代が高騰しているので、頭を悩ませているご家庭が多いかと思います。

今年の春から我が家の場合は夫婦二人暮らしになったので、夫が仕事から帰宅後は、できるだけ同じ部屋で過ごすようにしたり、夜は早めに寝るようにして、エアコン代や部屋の電気代を節約するように気を付けています。

同じ部屋で過ごすとストレスが溜まるというご家庭や、家族の人数が多いご家庭、ライフスタイルの異なる家族との同居生活をしているご家庭では実践が難しい節約方法とはなりますが…。(^_^;

もう一つ、寒い時期の暖房代節約のためにできることとして、ルームウェアの工夫が挙げられますよね。

暖房代節約のために私が毎年工夫している部屋の中での実際の服装をご紹介します。

「ころゆりさん、ちょっと着すぎでは?」

と驚かれるかもしれませんが、本人は暖かさ重視で快適に過ごしています~(笑)

1.巻きスカート(ミディアム丈もあり)

デスクワーク時や料理の際、足が寒いので愛用しています。

私が5年以上前から使っている巻きスカートはもう売っていないため、似た商品となります。
(デメリット:畑仕事など足を広げる作業が多い方には不向き。ミディアム丈ならOK)

2.レッグウォーマー(足首・日本製)

内側がシルクになっていて、肌触りも快適です。

私は長年ベージュを愛用中。

冷え防止の為、寝るときにも使用しています。

3.シルクインナーソックス(5本指・日本製)

先が丸い通常の靴下を履く前にシルクの5本指インナーソックスを履くだけで、指先の暖かさがかなり違います。

夏場も汗を吸い取るので足がサラッとし、一年中快適に過ごせます。
(デメリット:重ね履きをするので先の細い靴はきつくなります)

4.着る毛布 グルーニー

真冬に大活躍している着る毛布で、家族全員が着ています。

私は「トレンチタイプのツイードベージュ・ミドル丈」を購入しました。

ショート丈もあるのですが、座ったときに足首が出てしまうので、あえて引きずる長さのミドルに。

腰紐で丈を調整して歩きやすい状態にしています。
(人気商品のため、昨年は12月上旬を過ぎると売り切れになっていました。)

最後の着る毛布以外は、すでに今日も身に着けております(笑)

その日の寒さによって、他にはフリースや暖かいスリッパ、ネックウォーマなども活用しています♪

まとめ:電気代高騰への対策はお早めに!

今現在、新電力で契約されている方は、一度今後の電気代がどのくらい変わっていくのか、確認されたほうがいいと思います。

今回、楽天でんきの場合の電気代の変化をご紹介しましたが、ニュース等で見る限り、楽天よりも更に値上げ幅の大きい新電力があるようなので、来年も値上りが確定している電気代は要注意です。

また、部屋の中は薄着で過ごしたい方もいらっしゃると思いますが、冷房よりも暖房のほうが電気代が高くなりますので、今年の場合は、ルームウェアを工夫して、なんとか電気代使用量を抑えられるよう、お互い頑張りましょうね♪

▼▼▼楽天ふるさと納税はこちら▼▼▼
▼▼▼Amazon▼▼▼

【その他記事】

「お買い物リスト作成で衝動買いを減らす作戦!」

「赤目四十八滝へハイキング!森林浴と数々の滝で自然満喫♪」

「豆苗を初めて購入!家庭で簡単に再生栽培が楽しめる家計にも優しい緑黄色野菜」

error: Content is protected !!